インストバンド PENTA☆GON のWEB PAGE


by astride

2年越し。。。

しばらくぶりです。

音楽活動は少しづつ変化させてきました。

まずは以前からやりたかったベースとボーカルのデュオ。2003年、パリのモンマルトルで泊まったホテルのラウンジで夜演奏があったのですが、それがベースとボーカルのデュオでした。曲はJazz、ベースは4弦で十分サウンドしていました。

2005年ころ6弦ベースを手に入れたのも、この形での演奏を目指すため。で、実際やってみると、以外にギターによく似たサウンドになる。(^^;; 録音するまで気が付かなかった。でも本当にギターだ。だったらギター弾いたほうが豊かなサウンドになる。

ポイントは低い音の使い方かもしれない。

ところでこの形式を非常にうまくやっていると思うのは、Mr. Andres Rotmistrovsky。

https://www.youtube.com/channel/UCICoLVS4cEm9cAPwGfYrrJw

特に、Man in the mirror。
https://www.youtube.com/watch?v=qkByUopmc7M

もっと精進せねば。
[PR]
# by astride | 2016-04-10 21:51 | つれづれ

TRIX DVD,すんごいね。

いや、ほんと楽しい!!!

って、前回も同じネタでした。

でもDVD、こんなに楽しいとは。疲れきった体に沁みる。

インスト好きには本当におすすめです。
AYAKIさん、菰口雄矢さん、とんでもないですね。

一度聞いてみてください。インスト好きでない方も是非!
[PR]
# by astride | 2014-07-16 00:35 | 視聴

TRIX!!

TRIX! いいですね、かっこよすぎ。017.gif

キーボードが窪田さんから変わってから聞いていなかったのですが、聞いてみたらかっこいい! ソロフレーズ、ぶっとんでていい感じです。



[PR]
# by astride | 2014-02-19 03:19 | 映像

判断の責任

ゴーストライターの問題ですが、当たり前の事をいうようで恐縮です。

・最終プロダクトで判断する。主観にしか基づけないので、自己責任。
・作曲家、演奏家のパーソナリティやプロフィールに過度の期待をしない。私は全然期待しない。犯罪者の曲も聴くし。
・何かを作る作業には一般的に複数人が関与する。その方が良くなることが多い。
・詐欺については、何らかの罪となる可能性はあるかもしれない。それは、それできちんと責任を果たしていただきたい。

まあ、なんというか。私はTVあんまり見ないので、ドキュメンタリーも見てません。ただ、クラシックの領域では作曲者のプロフィールが曲の理解にも演奏にも影響を与えるようなので、作曲者達にとって大変苦しい事態になったのは確かですね。


[PR]
# by astride | 2014-02-17 06:15 | つれづれ

バンドサウンド

Youtubeで見つけたトリオを気に入っている。


ドラムの方はずいぶん年配だけど、すごいセッティングで細やかな演奏。ピアノの方は穏やかで粒ぞろいの良いならし方、ベースは、、、、大変楽しい。

こういうバンドやりたいなあ。


[PR]
# by astride | 2014-02-01 04:37

モーニング娘。

普段テレビ見ない生活なので、全然気がつかなかった。

今のモーニング娘。、完全にダンスユニットなんですね。知らなかった。
かなり強力でしびれた。ここまでやっているとは思わなかった。




曲は完全に趣味の世界でユーザーを見てなくて潔い。お客さんとのインターフェースが若い彼女たちだから、曲を知る事ができる。そうでなければ、ダンスチューン好きな人たちのマニアックな世界で閉じてたようにも思う。きっと好事家の間ではもう十分認知されてるんだろうなあ。クラブでばんばんかかってそうだ。

単なるアイドル好きだと、ついていけないような気がするけど、どうなんだろう。余計なお世話。



[PR]
# by astride | 2014-01-25 00:47 | つれづれ
美しいメロディ、ちょっと古典的な感じの歌い方。(^^;  面白い。

Barenaked Ladiesのボーカル、Seven Pageのライブが下記のPodcastで聞けます。

CANADA Live Podcast URL:
http://www.cbc.ca/radio2/podcasts/

Steven Page by Wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Steven_Page
[PR]
# by astride | 2008-09-20 18:19 | 視聴

While My Guiter Gently Weeps

金沢に居た頃、ハコバンで週一回弾いていたことがあって、この曲は良くやってました。つい、熱くなっちゃうコード進行なんだよねえ。



たまにはこんなのもいい。
なぜかPrinceが弾いてるけど。
[PR]
# by astride | 2008-09-15 22:05 | 視聴
ある人に国内のフュージョンと国外のフュージョンはなんであんなに違うんだろうと聞かれたことがある。

まず、国内のフュージョンと国外のフュージョンと言う言葉が何をさしているか、その本人に聞いてみると国内といったときはTHE SQUAREとかCASIOPEAをさしているとのことだった。

国外については聞かなかったが、趣味から考えるとGreg Howeとか、Pat Methenyとかだろうか。

違い、、といわれて、とっさに答えたのは国内の人はまじめにやりすぎるのかなといったことだったんだけど根拠はない。

普段、 The Jazz SuiteというPODCASTを聞いていると、”国外の”フュージョンが聞ける。
例えば、以下の感じ。

Plunky




Steffen Kuehn

“Trumpop”

Kelly Rossum

“After the Snow”

Corey Wilkes

“Touchl”

“Fourplay”

“Prelude for Lovers”

“Christian Scott ”

“Katrina’s Eyes”

Take 6

“Seven Steps To Heaven”

Sadao Watanabe

“Basie’s At Night”

Taylor Eigsti

“Deluge”

Brian Bromberg

“Serengeti Walk”

Bryan Lopes Trio

“Landau”

Kenny Garrett

“Intro To Africa”

うーん、フュージョンか?? しかしまあ、上の”国内”のフュージョンとはテイストが違う部分は確実に感じられる。

上の2つのカテゴリーについては、分けて考えることに意味があまりないと思うけど、このテイストの違いは何からくるのか、興味深い。
[PR]
# by astride | 2008-09-14 18:42 | 視聴

Jaco Pastorius

Jaco のDona Lee を聞き続けています。

コードの構成音を調べて、選ばれている音と比較して…。 

果てしないですね。


Dona Leeがパッとみつからなかったので、Chicken。

[PR]
# by astride | 2008-09-11 04:23 | 視聴