インストバンド PENTA☆GON のWEB PAGE


by astride

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春は来るよ

ライブ告知するとその告知を見てもらえないという、ジレンマがありますが、おそれずに。

3/21(水・祝) 21時~
@DNA・RockCafe
CHARGE 1000円(ワンドリンク付)

【出演】
FACTOR(from 富山)
BSK
PENTA☆GON

楽しみです。

私、PENTAでは、ライブ毎に小さい挑戦を繰り返しておりますが、今回の挑戦はなかなか。。。

また、個人的には石川県から転勤なので、打ちあがりライブという位置付けです。しかし、PENTA☆GONは続ける予定です。いろんなところでライブしますので、以後もよろしくです。
[PR]
by astride | 2007-03-06 19:49 | ライブ

最近の愛聴版

最近はライブ告知しかしてませんが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
astrideです。

このところインストモノのアルバムを愛聴しておりますが、本当に楽しくなってまいりました。 ボーカルモノも聞きますが、楽器はボーカルを引き立てるかのごとく演奏しますので、ちょっと物足りなく感じます。メンバー全員が戦うかのごとく音を出し合ったり、いいポイントには「俺が入れる!」的な小気味いい演奏があったりして、演奏人の「やるなあ(ニヤリ)」的なコミュニケーションが聞こえてくるようです。

まずは上原ひろみのTime Control! 色んなところをのぞいてみると、インストモノとしては空前の売れ行きだとか。全体の雰囲気がよく、変拍子、ユニゾンどの部分も素敵です。
今回、Dave Fiuczynski(g)をメンバーとして加えています。よく知らなかったのですが、色んなミュージシャンとレコーディングしているようで、 Me'Shell NdegéOcello、 Victor Bailey、 Dennis Chambers、 Branford Marsalis、Kenny Kirkland、Stewart Copelandなどなど。また、使用楽器ですが7弦(フレッテッド)と12弦(フレットレス!!)のダブルネックのギターを使っているようですね。 素敵です。

つぎ。Netで探っていたときにふと視聴して気に入ったアルバム、「レジェンズ~ヴァリエ3 」ウルクズノフ&小倉美英。クラシックギターとフルートによる演奏なんですが、非常に良い。
これはですね、まだ十分聞き込んでませんが、静かながらはっきりしたリズムもあって2人の音の絡み合いがいいんです。ポピュラーの感じもあって、プログレッシブなところも聞こえたりとかするような。

つぎ。やっぱりFragile。しかし、今回は少し古いDownside Up。
これはレッスン対策に購入したものですが、やっぱりSlumDanceがいいです。やるととても難しい。Fragileは先月末にNHKFMでライブが放送されましたが、SlumDanceはラス曲で、熱い演奏でした。いつもの楽しいMCはずいぶんとカットされたようです。

つぎ。 つぎ、と。つぎは、、、、ちょっとまだこの時点では書けませんが、あるミュージシャンの非常に特殊なインストモノ。書けない理由は発売がまだだからです。釘をさされましたので、感想だけ。
激しいアルバムでございます。メンバーが多く、滝のように降ってくる音の数。ディジュリも効果的ですし、アコーディオンもいい感じです。ただ、和もののパーカッションは今ひとつ個人的に好きになれないのですが、それは人それぞれとして。 
ディジュリって曲が走りますよね。すごく効果的。

つぎ。「To the Stars tour edition」チック・コリア・エレクトリック・バンド。まだ聞き込めてません。それぞれのプレーヤのポテンシャルがあまりにもStar的なのでなんともまだ。

つぎ。「Extraction」Greg Howe、 Victor Wooten、Dennis Chambers
これもStar的ポテンシャルの3人のアルバムですが、Victor Wootenが今ひとつ前に出ていない事と、Greg Howeのソロがもっと楽しめるようになっていたらなと思うところがあって、素直に聞けません。Victorのスラップで強力なところはアルバム通じて1箇所だけだと思うのですが、後ろで細かいことをしているのでしょうか。聞き込み中。

つぎ。「Who The Cats out?」Mike Stern。
これは色んなベーシストが参加していて、楽しい限り。ミシェルもでてますし、クリスミンドーキーも。リチャードボナのプレイはすんばらしいのですが、各所にスキャットを入れてしまうので、これがMike Sternのアルバムなのかと思ってしまうところも。

最後。これはインストだけれどコミュニケーションするタイプではなく、完全に録音ものということで、菅野よう子「Stand Alone Complex, Solid State Society」。
アニメのサントラですが、随所に楽しめる部分が仕込まれています。ロシア語の歌詞が入ったり、トランス系のビートであおったりと聞いたことない方には、是非一度ご賞味いただきたい。

といったところで、いろいろと楽しめる春でございます。
[PR]
by astride | 2007-03-04 15:48 | つれづれ